証拠資料(笑)その1

証拠資料その2・拡大

てんりゅうロゴ
たびにっき 少年張三豊 寛寛迷通信
お問い合わせ、メールはこちらから
 

〜にょろりん愛と暴走の日々〜

説明しよう!このページは「寛寛の宣伝部長」を勝手に名乗るにょろりんが、いかに寛寛がいい人であるかを世間のみなさまに知っていただくべく書いた、愛と思い込みに満ちたやや暴走気味な覚え書きである。最近物忘れがひどくて何かに書いておかないと忘れ
ちなみににょろりんは、「寛寛ファンはイタイよね…」と言われないよう、地味に生きている(つもりでいる)。

 今日は寛寛のお誕生日。初めて彼を知った時まだ23歳だったのに、今ではもう26歳か…しみじみ。郵送した誕生日プレゼントもギリギリ今日あたり届いているはずだよね、やれやれ…とひと安心するにょろりん。

 2年前の誕生日、無謀にも(そして迷惑この上なく)手編みの赤いマフラーを寛寛にプレゼントした…というか、したつもりだった。
 実は送り先の住所はわかっていたのだが郵便番号がわからず、いろいろな所に問い合わせたものの結局判明せず、郵便番号を記入しないまま郵送してしまったのだ。
 それ以来、もしかしたらプレゼントは寛寛のもとに届いていないのでは…宛先不明のため郵便局で埃かぶってるんじゃないか…最悪、郵便配達のおっちゃんの手ぬぐいがわりにされているんじゃないか…などなど、後ろ向きな考えばかりしてしまい、そのうち赤いマフラーのことは、なるべく思い出したくない暗い過去になっていった。


 しかし今年は郵便番号もしっかり判明しているので確実に届くはず!寛寛の好きなアトムグッズを送りたかったけど、狙っていたクッションがどの通販でも売り切れで購入できず…。諦めて普通のクッションにした。

◆1月24日◆

 31日の多利安イベントで寛寛にプレゼントを渡すぞ!と決めていたにょろりん。相棒のかずりんを誘って、お台場にある「手塚治虫ワールド アートスクエア」でアトムグッズを買いに、いざ出陣。

 お店に入った途端にょろりんの目に飛び込んできたのは、通販で売り切れになっていたアトムクッションであった。
 …ああ、最初からここで買ってい〜れ〜ば〜!

 気を取り直して(でも立ち直りが遅いのでちょっと遠い目)商品を物色。お腹のお肉を少し落とすように言われているらしい寛寛にお菓子系は却下。ならば運動する時に使ってもらえるようタオルとTシャツにしてみよう!…と、アトムのタオル&Tシャツに決定。Tシャツはけっこうシブめでかっこいいデザインのものにした。

 なぜアトムグッズに執着するのか…ここまでくるともう意地である。買おうとした時に売り切れで買えなかった悔しさが「絶対買ってやるー!」という執念になっていた。しかたないさ。にょろりん、粘着質のA型だし。

◆1月29日◆

 お台場で買い物を済ませた後は、カラオケ→食事といつものパターン。結局家に着いてパソコンを起動させたのは、ほぼ30日に日付が変わる頃。
 ピーター・ホーくんファンの久っちさんのブログを見てみると、多利安メンバーの写真が載っているではないか!さっそく他の写真も見ようと、上海熱線のサイトをクリック。
 わーい、寛寛がいっぱい写ってる〜!と狂喜しながら寛寛の写真を拡大した瞬間、にょろりんは固まった。

 な…なんと!そこに写っていたのは、にょろりんの暗い過去にありつつあったあの赤いマフラーを身につけた寛寛の姿!

◆1月30日◆

 ←マフラーとベルトの色をお揃いにしてオシャレな寛寛♪…なんて解説している場合ではない。


 なぜパッと見ただけで自分があげたマフラーだとわかるのか?
 それはこのマフラーを作った時、余った毛糸で同じマフラーをもうひとつ作って、自分で持っているからなのだ。
 編み目や毛質が手に取るようにわかるので、一見して「これあのマフラーだ!」と判明。



 ちゃんと寛寛のもとに届いてたんだ!郵便配達のおっちゃんの手ぬぐいにはなってなかったんだ〜!

 しかも寛寛はこの2年の間に北京に家を買って引越ししたりしているのに、大切にとって置いてくれたんだ…と思わずホロリ。暗い過去として葬られそうになっていたマフラーが、一気に最高の思い出に下克上!

 寛寛がマフラーをしてくれたのは、多利安のイベントでメンバー18人で街頭募金をする日。記者会見のようなものもあったらしく、そんな大事な公の場でにょろりんのマフラーをしてくれるなんて…!嬉しさのあまり、12時過ぎているにも関わらず、マフラー送ったのを知っているかずりんにメールして、「寛寛いい人」コールを連発してしまった。

 ああ、今夜はいい夢が見れそう♪とウキウキしながら就寝。

 目覚めた後、就寝前とは打って変わってテンション下がりまくり…。
 あの赤いマフラー、どう見ても自分がプレゼントしたものだけど、もしかしたらよ〜く似た別物のマフラーなのでは…と疑い始めてしまう小心者のにょろりん。
 だって2年も前のプレゼント、いきなり身につけてくれるはずないよ…しかも他にもマフラーをプレゼントしたファンいたみたいだし…などなど、一度疑惑が芽生えると、もういてもたってもいられなくなった。小心者はツライのだ。
 こうなったら明日、直接本人に確かめるしかない!…確かめるチャンスあるのか?

 待ちに待ったイベント当日。前もって16時に早退するということを上司に伝えていたものの、なんかひとこと文句を言われるのではないかと身構えながら仕事。すると15時から上司が打ち合わせで席を外し、16時になっても戻ってこないではないか。
 な、なんてラッキーな!
 念のため「早退しますのでよろしく」とメールし、逃げるように会社を去る。

◆1月31日◆

てんりゅう | たびにっき | 少年張三豊 | 寛寛迷通信 | メール

 かずりんと待ち合わせして、イベント会場へGO!イベントの流れは交流会レポートに書いてある通りなので、、ここでは交流会レポに記載していない部分でのにょろりんの怪しい行動について書くことに…。

多利安メンバー入場〜!