出演作一覧へ戻る     1999年〜2000年へ     2001年〜2002年へ

てんりゅう | たびにっき | 少年張三豊 | 寛寛迷通信 | メール

《秦王李世民》

《青天衙門》

番宣もがんばりました
皇帝の座は渡さんゾ〜
 明の第6代および第8代皇帝・英宗役で、親征に出向いたら逆に敵国の捕虜になってしまい、解放されて国に戻ったら皇帝に即位していた弟に幽閉される…という人物。
救国の英雄・于謙を処刑したこともあり悪人のイメージが強い英宗を、寛寛は単なる悪役で終わらない丁寧な役作りで臨んでいます。

《大明王朝1449》

上海の景色も楽しめます

《夢里花開》

 上海を舞台にしたラブストーリー。台湾の女優が撮影のため訪れた上海で、寛寛扮するスタイリストと恋に落ちます。
 このドラマを撮影中、寛寛は具合が悪いにも関わらず多忙で病院にも行けない状態。ちょうどSARSが猛威を振るっていた時で、もしやSARSに感染したのでは…と心底心配しました。
てんりゅうロゴ
たびにっき 少年張三豊 寛寛迷通信
お問い合わせ、メールはこちらから
 

このドラマの中の第4部(?)「七彩胡蝶」にゲスト出演しています…悪人役で。

《武当》

 張三豊が活躍する武侠ドラマで、寛寛は明の初代皇帝として知られる朱元璋役。
 朱元璋が登場する武侠モノってどんなん?と思ったのも束の間、お坊さんだったり乞食になったりで油断なりません。とっさに歴史の教科書を読み返して「朱元璋ってこんな人だったっけ?」と確認してみたとか、みないとか…。
凛々しいです
坊主姿もイケてます
 唐の第2代皇帝・李世民(太宗)の若き日を描いたドラマ。皇帝の座と愛する女性を巡って李世民と対立する、彼の兄である皇太子に寛寛が扮しています。
 「西遊記」の三蔵法師が天竺から帰ってきた時に謁見したのが太宗です。こんな青春送ってたんだ〜…なんて視点で観ると違和感たっぷり★
ノーブルな役がハマってます