旅の写真館〜三峡クルーズと三国志


三峡クルーズと三国志8日間その1

パンダ像 | 食事中のパンダ | 木に登る子パンダ | 武候祠内部 | 諸葛亮の像 | 杜甫像 |
  たび日記に戻るたび日記に戻る


パンダ像

パンダ像

memo

パンダ飼育基地内部のパンダ親子像。この像はデフォルメが可愛いが、外の像はリアルちっく。外にある土産物屋のパンダグッズも可愛くない絵で、日本人にはウケが悪そう。





食事中のパンダ

パンダ

memo

基地内にいる夫婦パンダ。もうひたすら食っている…しばらく眺めていたけど、動くのは手と口だけ。しかも中国のパンダって何故か薄汚れているような…。





木に登る子パンダ

木に登る子パンダ

memo

この基地で飼っている子パンダ。2匹いるけど、どちらも活発に歩き回ってる。名前は「チャウチャウ(もしくはジャウジャウ?)」。唯一可愛いと思えるパンダ。 でもやはり薄汚れている。木にパンダが登っているのを見たのは初めて。





武候祠内部

武候祠内部

memo

武候祠の像。ここに至る薄暗い通路には三国志に出てくる蜀の人物の像が並んでいる。写真になると誰の像なのかは判りづらい…。





諸葛亮の人形

諸葛亮

memo

武候祠はこの人を祭ったところなので、やはり別格扱い。というか、劉備玄徳の墓もあるというのに、彼の立場は一体…という感じもする。扇を持っているので誰だかすぐ判っていいけどネ。





杜甫像

杜甫像

memo

杜甫草堂の中にある杜甫像。逆光なのでうまく撮影できなかった。この像の手に触れると文才が身に付くと言われている。観光客みんなが触りまくりなので、手の部分だけテカッていた。


 
pagetop | パンダ像 | 食事中のパンダ | 木に登る子パンダ | 武候祠内部 | 諸葛亮の像 | 杜甫像 |
たび日記に戻るたび日記に戻る