トップページトップページ 張三豊とは張三豊とは 人物人物紹介 物語物語紹介 歌詞歌詞紹介

「少年張三豊」物語紹介

←前頁 4頁目 123|4|
    あらすじ  
  第31集 啓礁は八王爺に、公主と継風の結婚話を持ちかける。身分の違いから八王爺は結婚に反対するが、この結婚が逍遥王の意思であるからと、啓礁は強引に話を進めようとした。また、軟禁している思容に、君宝は逍遥王によって死んだと告げる。
記憶を失った君宝は雪雁の薬屋に留まり生活していた。二人の関係は日に日に親密になっていくが、翠山はそのことを快く思っていなかった。
玉兒のもとを訪れた啓礁は、継風の将来を思うのなら死ぬべきだと話し、毒薬を玉兒に渡す。悩みつつも、玉兒は継風のために死を決意した。玉兒が死んだことで、継風は自分のために玉兒が死んだのだと悲しみに暮れる。
逍遥王は君宝の行方を捜すよう継風と奔雷に指示し、啓礁に天絶牢の監視を任せる。行方不明になった武林界の人々は、逍遥王の企みで武林盟の天絶牢に監禁され、武術の心法を教えるよう拷問されていたのだった。
 
  第32集 継風は偽の公主・閃電と結婚するが、閃電はこの結婚を嫌がっており、継風を見くびっていた。名剣山庄の心法を手に入れるため継風と閃電の結婚を仕組んだ逍遥王だったが、閃電は頑なに心を閉ざした継風から心法を聞き出すことができずにいた。継風は、自分の本当の妻は玉兒だけだと最愛の玉兒の墓前で誓う。そして必ず玉兒の仇を取ると心に決めていた。
君宝は好意を持っていることを雪雁に告げるが、雪雁の思いは複雑だった。翠山は復讐のため今まで君宝にしてきた仕打ちを君宝に詫びる。また、雪雁は患者の病気がうつり倒れてしまい、君宝は非常に心配になり、親身に看病した。その姿を見て雪雁は次第に君宝に惹かれていき、翠山も温かい目で二人を見守るのだった。
一方、牢を抜け出した思容は太虚觀に向かい、偶然鷓鴣仔と会う。鷓鴣仔から君宝が生きていると聞かされ居場所を知った思容は、急いで君宝のもとへ出発する。
 
  第33集 思容に会った君宝は記憶を失っているため思容が誰だかわからず逃げてしまい、君宝のその態度に思容は驚く。思容は君宝が記憶を失っていると知り、ショックを受ける。雪雁も君宝への愛情を隠すが、雪雁に対する君宝の態度を見て、思容は二人の関係を察知する。
翠山は山の中で紅娘の笛の音に惹かれとり憑かれたようになり、紅娘と関係をもってしまう。一夜明けると、紅娘はすでに姿を消していた。翠山は紅娘のことを下界におりてきた仙女だと思い込み、恋焦がれる。
継風は、天行が甥である自分になら名剣山庄の武功心法を教えてくれるはずだと閃電にほのめかし、心法を学ぶという名目で天行の監禁先である天絶牢へ向かうことに成功する。閃電は道がわからないよう継風に目隠しをするが、継風は聞こえてくる周囲の音から天絶牢の場所を調べようとしていた。天絶牢に着いた継風は天行に今までの前非を改めることを告げる。
 
  第34集 思容は君宝の記憶を取り戻そうとして失敗し、そんな思容を快く思わない雪雁と気まずいムードになる。思容は君宝の記憶が戻らないことに失望し君宝の前から去ろうとしたが、雪雁が今までのことを思容に謝り、共に君宝の記憶を取り戻そうと決意するのだった。
翠山は終日紅娘のことを忘れられず、再び会えることを願い山をさまよっていた。その姿に紅娘は感動する。
思容と雪雁は、変わった診察をするという医者を訪ねることにする。渋る医者からなんとか医学書をもらったものの、それは獣医の医学書であった。
継風は聞こえてくる周りの音から天絶牢の位置を推測し、密かに地図を作っていた。天行に拒まれながらも名剣山庄の武功心法を教えるよう頼む継風の態度を見て、閃電は継風を信用する。
例の医者から今度は睡眠療法の医学書をもらった思容と雪雁は、早速君宝に催眠術を試みることに…。
 
  第35集 催眠術は失敗し、精神状態が四歳児になってしまった君宝は、いたずらをして絶えず騒ぎを起こす。雪雁と思容は再度催眠術を試みるがまたしても失敗し、さらに厄介事を引き起こしてしまう。もともと君宝と思容は相思相愛。君宝の記憶が戻った時、雪雁が傷つくのではないかと翠山は心配するが、雪雁は君宝の健康が第一だと答える。しかし雪雁も、内心は複雑な思いでいた。
翠山の純真な思いに感化された紅娘は翠山の前に現れ、自分のことは忘れるよう伝え、去っていく。
信頼を得ることで逍遥王を油断させ、天絶牢に囚われた天行と武林界の人々を救うつもりでいた継風だったが、継風の立場が危ういと感じた天行は、継風に用心するよう言う。しかし継風は、例え命を投げうってでも、愛する玉兒の仇を取るつもりでいた。そしてとうとう天絶牢の場所をつきとめることに成功する。
一方、思容と雪雁は再び君宝に催眠術を試みていた。
 
  第36集 再度試みた催眠術で、君宝は口がきけなくなってしまった。思容と雪雁は記憶喪失と併せて君宝を完治させるため、薬王谷にいる薬王のもとを訪ね治療を頼むことにした。しかし薬王の弟子・小蝶に、薬王がすでに亡くなり、薬王谷は小蝶と姉弟子・冰心に受け継がれたと知らされる。
一方、啓礁と奔雷は思容が薬王谷にいるという報告を受け、君宝が生きていたことを知る。
小蝶は冰心に伺いをたてた後、君宝を回復させようとするが、それには「九葉霊芝」と「万霊断続膏」が必要だと言う。思容は自ら峨媚山の陰風老姫のもとを訪ね、万霊断続膏を求めることを決意する。その間に小蝶は、薬王の宝典により君宝の記憶を取り戻すことに成功し、さらに九葉霊芝で君宝の治療を行う。君宝の記憶が戻ったため、雪雁は君宝への思いを隠し、薬王谷で医術を学びたいと小蝶に告げた。
陰風老姫を探し当てた思容だったが、陰風老姫に「30年峨媚山で修行すると承知するのなら薬を渡す」と条件をつきつけられる。
 
  第37集 陰風老姫の条件をのみ万霊断続膏を手に入れた思容は、薬王谷に戻る途中、奔雷を見かける。奔雷は、薬王の宝典を奪い取ろうとしていた。思容はこの知らせを冰心と小蝶に告げる。
冰心は君宝に再会し、万霊断続膏を使い君宝の治療を行った。そのおかげで君宝は武功が進歩する。また、奔雷が薬王谷に現れるが、思容と小蝶に追い払われる。宝典略奪に失敗した奔雷は逍遥王に殺されてしまう。
君宝は雪雁に妹のように思っていると自分の気持ちを話し、兄妹として接していこうと言い、雪雁もその言葉に従う。思容は君宝のもとをそっと離れ、峨媚山に向かう日まで身を隠してしまう。
君宝は翠山と会い、継風から天絶牢の地図を渡されたという遠橋の話から、継風には何か考えがあるのではないかと思い、継風と面識のない翠山に継風へ手紙を届け、継風の真意を探るよう頼んだ。継風には会えなかったが、翠山はそこで閃電に出会う。
 
  第38集 翠山は閃電に愛情を抱き始め、積極的に閃電に言い寄った。最初は戸惑っていた閃電だったが、徐々に翠山に惹かれ始める。そして翠山の気持ちを受け入れていくのだった。
大蛇とカメが闘っているのを目にした君宝は、カメの動きから武術の心法を悟っていく。
薬王の宝典を渡そうとしないため天絶牢に囚われた冰心は、そこに思いを寄せる天行がいることを知り天行を助け出すが、武林盟に見つかってしまい剣で切りつけられてしまう。また、君宝は天絶牢を襲撃し、囚われていた人々を救い出した。
冰心と小蝶の芝居だとは知らず、傷を受けた冰心が命を落としてしまったと思い込んだ天行は、改めて冰心への思いに気づく。そして冰心が生きていたと気づいた天行は、冰心の愛情を受け止め彼女と結婚することを決意する。
逍遥王とどう闘ったらいいかを易天行と話し合った君宝は、自分の武術を「太極」と名づけた。
 
  第39集 君宝は継風から、今までの行いがすべて玉兒の仇を討つためだったこと、これから逍遥王に闘いを挑みに行くこと、もし自分が死んだら玉兒の側に埋葬してほしい、と書かれた手紙を受け取った。仇である逍遥王を倒そうとした継風だったが、天絶牢破りの手助けをした人物が継風だと気づいた逍遥王に返り討ちにあってしまう。継風の遺体を発見した君宝は、悲痛を味わいながらも、継風の遺体を玉兒のそばに埋葬し、安らかに眠るよう祈った。
翠山は閃電を味方に引き入れることに成功する。逍遥王との闘いを控え、君宝は「太極」の悟りをひらいていった。
君宝は八王爺と会見し、逍遥王を招き寄せ、閃電を証人としてその場で逍遥王の罪状を糾弾した。捕らえられそうになった啓礁は大砲にあたってしまい、君宝に詫びながら息を引き取る。逍遥王は逃亡し、天下制覇のもくろみを邪魔した君宝に恨みを晴らそうと、挑戦状を送る。
 
  第40集 逍遥王の挑戦を受けた君宝は、太極で逍遥王を徹底的に打ち負かした。子供でも気軽に学ぶことのできる太極に敗れたと知った逍遥王は、そんなことはありえないとショックを受け、気が触れてしまう。
翠山は閃電と結婚することになり、遠橋も勇気を出して思いを寄せる雪雁に告白する。初めは戸惑った雪雁だったが、薬王谷で医術を学ぶ間待っていてくれるなら、と遠橋の気持ちを受け入れるのだった。
逍遥王を敗った君宝は思容を探すが、思容はすでに峨媚山で尼になり、今まで自分が犯してきた罪を償おうと決意していた。その思いは、君宝が引き止めても揺らぐことはなかった。
その後、君宝は「張三豊」と名を改めた。3つの「豊」とは即ち、思容、弟子達、すべての人々が満ち足りた豊かな生活を送れるように、と願ったものである。
そして門下生の増えた「武当派」は、武林界の一大流派となっていった。
 
 
←前頁   123|4|
 
| てんりゅうトップ | 寛寛迷通信 | たびにっき | 少年張三豊 | メール