トップページトップページ 張三豊とは張三豊とは 人物人物紹介 物語物語紹介 歌詞歌詞紹介

「少年張三豊」物語紹介

←前頁 2頁目 次頁→
1|2|34
    あらすじ  
  第11集 思容と再会した天行はまたしても思容に言い寄るが、拒絶される。そのため自殺を図るが、君宝たちに止められてしまう。
君宝と別れた継風は名剣山庄に戻ったが、少林寺で敗北したことを易雲にきつく責められ、剣塚にこもり自分を見つめ直した。そして行方不明となっている先帝の公主を探すため、大砂漠へと旅立つ決心をする。
一方、思容、道紅と共に清風觀へ立ち寄った君宝は、師傅らが岳飛将軍の遺品を狙う人々によって腕を失ったことを知る。食事のため思容と道紅は買い物に出かけるが、化粧品をプレゼントし「私たちは友達」という道紅に対し、思容は「友達ではない」と突っぱねてしまう。そんな2人の姿を見た西域四魔の紅娘は、思容に自分の策略の手伝いをさせる。薬で気を失った道紅を小屋に連れ込み男たちに乱暴させようとした紅娘だったが、間一髪のところで思容が道紅を救い出した。
 
  第12集 気がついた道紅は、襲われたことを君宝に言わないでほしいと思容に頼んだ。
清風觀に別れを告げ張家に帰る途中、君宝は少林寺の一件により、自分の名が天下に知れ渡ったことを知る。また、親交のあった太虚子に偶然出会い、父親が西域四魔の手にかかって
死んだのではないかと聞かされる。太虚子たちが父親の遺体を発見した時、側に大蛇のうろこが落ちていたのを見つけていたのだ。
思容と道紅を伴って張家にたどり着いた君宝は、父親の霊前に拝する。道紅の願いにより、父親と道紅の婚約も破棄された。久しぶりに母親との団欒を楽しむ君宝だったが、啓礁は君宝が自分の父親を殺したと決め付け、もし違うのなら真犯人を見つけて来いと責めた。君宝は承知し、思容と道紅と共に真犯人を探しに出かけることとなる。
一方、継風は砂漠で西域四魔の紅娘に付け狙われる。しかし竜巻が起こり、紅娘を庇った継風は竜巻に巻き込まれてしまうが、偶然通りかかった天行に助けられ砂漠の村の鍛冶屋に身を寄せる。
 
  第13集 天行は思容に拒まれたため、砂漠へ傷心の旅に来ていたのだった。しかし、再会したのも束の間、突如天行は継風を残してその場を去ってしまう。その時、天行を追って趙玉兒が継風の前に現れる。砂漠に住む玉兒は中原で暮らすことに憧れていて、天行に連れて行ってほしいと頼むが、断られてしまう。
一方、旅を続ける君宝らは、途中西域四魔の蛇魔に道紅を連れ去られそうになるが、何とか取り戻す。しかし再び現れた蛇魔の毒気を思容が吸い込んでしまう。
その後蛇魔は仲間の血奴と仲違いし、血奴に傷つけられ倒れていたところを、君宝に助けられる。敵であっても傷ついている者に手を差し伸べる君宝の優しさを前に、思容は常に残忍であれと教えられてきた自分を思い出していた。
継風は、一見か弱そうだが芯は強い玉兒と徐々に親しくなっていった。玉兒の仲間で密かに玉兒に思いを寄せる阿圖は、そんな2人の姿を快く思うはずなかった。
 
  第14集 君宝は太虚子と弟子の宋遠橋らに会い、「太虚觀」に身を寄せ弟子たちに武術を教える。そんな中、怪物が現れたという知らせがあり現場に向かうと、そこでは西域四魔の蛇魔と血奴が闘っていた。蛇魔が血奴にやられそうになり君宝が血奴を追い払うがすでに蛇魔は虫の息で、父親の死について尋ねる君宝に父親殺しを詫びる蛇魔だったが、殺人を指示した人物の名を告げることなく息を引き取る。
この時君宝は血奴の毒を受けでしまい、大蛇でしか解毒できないと知って君宝を大蛇のもとへ連れて行くことになったが、蛇魔が受けた恩を返すため、大蛇は君宝を助けるのだった。
一方、阿圖は玉兒に愛を告げるが、中原で暮らすことを夢見る玉兒は相手にしない。阿圖は継風に玉兒との関係を尋ねるが、継風はただの友達だから安心するように言う。
その頃、太虚觀に君宝を倒して天下に名をあげようと「山西五鬼」が現れる。君宝に代わり太虚子が挑戦を受け撃退するが、力を使い果たした太虚子自身も命を落してしまう。太虚子は死の直前、弟子と太虚觀のことを君宝に頼んだ。
 
  第15集 太虚子の遺言と弟子たちの懇願を断りきれず太虚觀に留まろうとした君宝だったが、思い直して夜中に太虚觀を去ろうとする。しかし思容が現れたため結局2人でその場を去る。
継風のもとへ食事を運ぶ玉兒を見て嫉妬した阿圖は継風にナイフを振りかざすが、竜巻に遭い、継風と玉兒は月牙泉まで吹き飛ばされてしまう。
君宝と思容は偶然迷子の女の子に出会い、しかたなく太虚觀に戻る。思容は両親に捨てられ秦桧のもとに拾われ、暗殺者として育てられてきた過去を思い出していた。また、君宝と思容の仲を見て、君宝に思いを寄せる道紅は複雑な気持ちでいた。
継風と玉兒は助け合いながら砂漠をさまよい、玉兒を探しに来た母親に会うことができた。玉兒の母親は玉兒と継風を婚約させたいと思うが、継風は宋の公主を見つけ出すという目的を話し、今は結婚する意志がないことを告げる。
君宝は、自分の党派を「武当派」を名づける。君宝への思いに気づいた思容は、自分の今までの生き方を考え直し始め、君宝の前から黙って姿を消すのであった。
 
  第16集 君宝は太虚觀を正すため、托鉢を禁止し武術の稽古に打ち込むよう指示するが、張松溪と兪岱巖はそれを不服に思い、好き勝手をする。君宝にたしなめられた2人は怒って、山賊まがいのグループに入ると言って太虚觀を去って行く。しかし、そのグループで強盗をさせられ捕まりそうになった時、その場を助けてくれたのが君宝だと知り、反省して太虚觀に戻るのであった。
一方、玉兒をあきらめ切れない阿圖は継風に懇願し、阿圖の気持ちを思った継風は砂漠を去る決意をする。玉兒は継風の気持ちを知ろうとするが、継風は玉兒に気がないことを告げ、故郷へ戻ろうとする。玉兒はそんな継風の後を必死に追い、一緒に中原へ連れて行ってほしいと頼み込む。継風はどうしても断りきれず、結局二人は共に中原へ向かうことになった。
武林界に騒ぎを起こしたい啓礁は、君宝の父親殺しの罪を名剣山庄になすりつけようとし、君宝に偽の証拠を提示するよう思容に迫る。思容の言葉を信じた君宝は、そのことを叔父である啓礁に報告する。
 
  第17集 父親殺害の現場の木が鋭い切り口で切られていたため、名剣山庄による犯行だと信じた君宝だったが、なぜ山庄が父を殺すのか腑に落ちないものを感じていた。武林界の人々に山庄を糾弾するように呼びかけた啓礁は、君宝と武林界の人々を伴って山庄く押しかける。
易雲に偽の証拠である木の切り口を突きつけるが、易雲は山庄の剣技を見せ切り口が山庄のものでないこと、したがって君宝の父親殺しが山庄の仕業ではないことを証明する。
そして、君宝が少林寺で継風を倒した人物だと知り、武林界盟主の証を手渡す。君宝は受け取ろうとしなかったが、強引に証を渡されてしまう。
君宝の父親殺しの罪を山庄になすりつける計画が崩れた啓礁は、西域四魔の血奴・紅娘、思容と共に山庄に夜襲をかける。多勢に無勢、易雲は思容の剣の下に倒れる。玉兒を伴って山庄に戻った継風は、祖父が殺され、山庄の宝剣である8把の名剣が奪われたことを知り愕然とする。祖父の墓の前でいつまでもうなだれている継風を、玉兒は叱咤する。
また、君宝は継風のために、道紅と8把の宝剣を探す旅に出た。
 
  第18集 啓礁は思容が度々命令に従わないので、思容を騙して猛毒を口にさせ、制御するよう仕組む。
啓礁が世間にばら撒いた名剣山庄の8把の宝剣を巡って、武林界の人々は互いに争い出し、やがて中原においての武林界の力は弱くなっていった。
祖父を殺された継風は、玉兒の励ましを受け、苦痛に耐え必ず名剣山庄を再建すると心に誓う。そして宝剣の行方を追跡するうち、賭博場で「白玉剣」を発見する。継風は白玉剣を取り返そうとするが賭けに負け、金もなくなってしまう。打ちひしがれる継風を見た玉兒は、自分の身を賭けて賭けに勝ち、白玉剣を取り戻した。
継風を助けるために道紅と共に宝剣を探していた君宝は、偶然宝剣のひとつ「玄武剣」を持つ凌天霸・凌雪雁父娘に出会う。玄武剣を護送するよう頼まれていた天霸は、君宝に剣を渡さない。しかし、自分と闘って勝ったら剣を渡すと約束する。君宝は天霸と武芸の試合をして勝ち、見事玄武剣を手に入れるのであった。
 
  第19集 玄武剣を取られたことにより凌天霸は自ら命を絶とうとするが、娘の雪雁に止められる。しかし世間の信用を失ってしまったため、その心労により倒れてしまう。雪雁の知らせを受け戻ってきた弟子の張翠山は事情を知り、君宝への復讐を心に誓う。
太虚觀では、道紅が男性の中で生活するのが不便だろうと、夫探しを決意した君宝が明紅に好きな男性のタイプを聞く。君宝のことが好きな道紅は「武術が達者で『張』という苗字の人」と答えるが、自分のことだと気づかない君宝は、その条件に見合った人物を探し始める。そこへ偶然通りかかった翠山に目をつけた君宝が声をかけ、条件にぴったりだとわかると、弟子の遠橋が殴りかかり気絶させ太虚觀に連れて行く。
君宝が誤解して自分の相手に翠山を連れてきたことに、道紅は憤慨する。また、目の前の男が師傅の仇であることを知った翠山は君宝を殺そうとするが、逆に取り押さえられてしまう。道紅は、自分の好きな相手が君宝だと本人に告げるのだった。
 
  第20集 遠橋は翠山を送り返すため天霸の家に行く。天霸は翠山に、君宝に復讐してはいけない、彼を師傅とし武功を学べと諭す。しかし翠山はその言いつけを受け入れることができない。意識の朦朧とした天霸は遠橋を君宝だと思い込み、くれぐれも娘を頼むと言い残して息を引き取る。雪雁は父の遺言に従い復讐を放棄するよう翠山に言うが、翠山は聞き入れない。
一方、継風は名剣山庄を盛り返すため盗まれた宝剣を捜し求めるうち、青城派の長春子が宝剣のひとつ「絶命」を持っていることを突き止め、持ち帰ることに成功する。君宝がよこしてくれた玄武剣も揃い、易家の再建に希望を持つ継風だった。
君宝は何とかして道紅の自分への気持ちを諦めさせようとするが、かえって道紅を怒らせてしまう。
翠山は再度君宝の命を狙うが、まったく歯が立たない。そんな中、心の隙をつかれ西域四魔の血奴と啓礁に利用されてしまう。啓礁から爆薬を渡された翠山は、武術を教わりたいと偽り、君宝に弟子入りを願い出る。
 
 
←前頁   次頁→
1|2|34
 
| てんりゅうトップ | 寛寛迷通信 | たびにっき | 少年張三豊 | メール